広島で働く

インターンシップ

インターンシップは、実際に企業での仕事を体験することで、向き不向きの確認ができたり、自分のやりたい仕事が何なのか、どんな仕事があるのかを見つけるきっかけになります。
インターンシップは、夏休みや春休みを中心に行われます。
インターンシップに参加するにはいくつかの方法があります。
それぞれの特徴を十分理解し、自分に合ったプログラムに参加しましょう。

広島県留学生活躍支援センターが実施するインターンシップ

種類

広島県留学生活躍支援センターが実施するインターンシップには、「就業体験」「1dayインターンシップ」「企業見学」の3種類があります。

種類 実施時期 実施期間
就業体験 8月~9月下旬、2月上旬~3月下旬 2日から2週間程度
1dayインターンシップ 8月~2月 1日
企業見学ツアー 11月~2月 1日2社程度

※インターンシップ説明会(6月頃)、インターンシップ報告会(3月頃)を開催します。

対象者

広島県内企業に就職意志、または関心のある外国人留学生

申し込み方法

受入企業情報は、インターンシップ募集要項のページやメールマガジンで発信します。
参加希望者はWebサイトまたはファクスによりエントリーシートを提出してください。

決定方法

広島県留学生活躍支援センターが希望企業と留学生をマッチングし、結果を連絡します。

実施状況
参加者の声
  • インターンシップ先で学んだことを今後の日本での就職に活かしたいと思います。
  • 自分はどのような仕事に向いているか分からなかったのですが、インターンシップを通じて、自分を見直しました。
  • このインターンシップも留学生の後輩たちに紹介したいと考えております。
  • このたびのインターンシップを通じて、日本の会社を少し理解できました。

大学が企業・団体などと協定書を締結し実施するインターンシップ

大学のキャリアセンターの掲示板などで受入企業を確認し、大学に申し込みを行います。

広島県インターンシップ促進協議会が実施するインターンシップ

Webサイトから受入企業を確認し、応募票(様式2)をダウンロードして必要事項を入力し、学校のインターンシップ担当者にデータで提出します。
応募は学校経由で行います。

学生自身が「キャリタス」や「リクナビ」「マイナビ」などの大手就職支援サイトから応募するインターンシップ

まずは就職支援サイトに登録して、インターンシップの情報収集をしましょう。
また、就職支援サイトを経由せずに、企業が独自にインターンシップを募集する場合もあります。

企業見学ツアー

企業見学ツアーでは、実際に企業を訪問し会社の特徴や雰囲気、仕事の魅力を体感できます。
また、ツアーによっては企業社員との交流会などでリアルな声を聞くこともできます!
企業見学ツアーは、支援センターが行うもののほか県や各地域の雇用対策協議会などが行うものがあります。
企業見学ツアーの募集情報は、広島県留学生活躍支援センターのWebサイト、メールマガジン、SNS等でお知らせします。

ページトップ