勉学・生活

住居関係

住宅保証制度について

留学する時にまず気になること。
「住むところ」と答える留学生のみなさんも多いかもしれません。
寮やアパートなどそれぞれ入居する方法はありますが、
日本でアパートなどを借りるときには、多くの場合、保証する人(=連帯保証人)が必要になります。
広島県留学生活躍支援センターでは、この住居を賃貸する場合の、保証人になることができます。

利用する場合は以下の申込手続きを行ってください。

1.学校の窓口で相談

学校の窓口で「留学生住宅保証制度実施要綱」・「『留学生住宅保証制度』利用申請書」・「建物賃貸借契約書」の書類を受け取ってください。

※書類を受け取る際に「学生証」・「在留カード」又は「外国人登録証明書」を持参してください。

2.入居する物件を決める

不動産業者等で物件を選び、学校で受け取った「建物賃貸借契約書」の必要事項に記名押印。

3.銀行、コンビニ等で保険料の払込み

留学生の方は「留学生住宅総合補償」という保険料の払込みをする必要があります。留学生住宅総合補償についての詳しい説明はこちらから。

4.学校の窓口に必要書類を提出
必要書類
  • 「建物賃貸借契約書」(記名押印済のもの)
  • 「重要事項説明書等物件明細」
  • 「学生証」(写)
  • 「在留カード」(写)又は「外国人登録証明書」(写)

※(公財)ひろしま国際センターが学校から書類を受け取って、処理が終わるまで5日間程度かかります(土日祝日除く)。

5.学校の窓口で「建物賃貸借契約書」(保証人押印済)を受取り、不動産業者等に持参

(公財)ひろしま国際センターから保証人の押印をしたものを学校に返送します。その書類を受け取り後、契約した不動産業者に持っていきます。

6.入居開始

住宅情報リンク